中卒から通信制大学で学ぶ方法があるの?

高卒認定に合格すれば進学可能

大学に進学するにはいくつかの条件があり、まずは高校を卒業する必要があります。その他年齢による制限もあり18歳以上でないと進学ができません。通信制大学においても通学制の大学と同じ基準が適用されるので、高校を卒業した上で18歳以上になれば入学して学べます。中卒から直接通信制大学に行きたいのであれば、高卒認定試験に合格する方法を取ってみましょう。高卒の資格は得られませんが、大学や専門学校等高卒を条件とする学校への進学が可能になります。注意したいのは高卒認定を取得するだけではだめだという点です。年齢要件は残ります。中卒後すぐに高卒認定に合格すれば学力上は進学は可能なのでしょうが、18歳になるまでは入学の申し込みができないのでそれまで待ちましょう。

特修生を経由して正科生を目指す

大学卒業の学歴はそれなりに就職などに影響します。高卒よりも就職しやすいですし中卒に比べるとかなりの差があると言えるでしょう。中卒後に高校に進学しなかったり高校を中退するとそれ以降の進学が難しくなります。でも通信制大学の仕組みを利用すると最終的に大学卒業資格が得られる可能性があるのでその方法を確認しておきましょう。通信制大学によっては特修生と呼ばれる制度を設けていて、高校卒業資格を持たない人でも大学教育が受けられるようにしてくれています。特修生のままだと大学卒業はできませんが、特修生として一定期間学び一定の単位を取得すると正科生への入学を認めてくれる大学があります。あくまでもそれぞれの大学内での制度なので、他の大学の正科生になれるわけではありません。

教員免許の範囲を広げて、仕事の幅を広げましょう。人気の英語の教員免許を通信教育で取得することが可能です

Copyright © . Complete University Guide. All Rights Reserved