通信制大学の映像授業はどうやって視聴するの?

通信制大学の映像授業とは?

通信制大学で映像授業が開講されていることを知っていますか?一般的に通信制大学で学生は、テキストを用いて自習し、それに基づいてレポートを書きテストを受けることで単位を取得します。スクーリングといわれる、一定期間実際に大学に通う期間が求められることもあります。それに加えて現在では、多くの大学で映像授業が取り入れられています。映像授業を受講するには、自宅や勉強場所にパソコンとインターネット環境があれば充分です。自分の好きなタイミングで、実際に大学で行われている講義の録画や映像資料を用いた解説を視聴することが出来ます。また、大学によっては掲示板などを利用して映像授業で発言し、ディスカッションするゼミ形式の学びに参加することが出来ます。

映像授業のメリットは何?

通信制大学で映像授業を受講するメリットは、高いレベルの講義を自分のタイミングで視聴できることです。通信制大学では基本的に学生は自習をして学びます。自習で補いきれない部分のサポートとして、スクーリングが取り入れられていますが、スクーリングは拘束時間が長く、多忙な通信学生には負担が大きいのです。そこで映像授業を取り入れることで、大学に行かずともスクーリングと同様の効果を得ることができます。実際に多くの大学で、映像授業で取得した単位をスクーリングの代わりにすることが認められています。

また、芸術系の学部学科など、映像資料を用いることが必須な学問を学ぶ場合にも、映像授業は大変有意義です。このような専攻の学生は、ほとんどの授業を映像授業で受講することもあります。

引きこもりやニートのために家にいながらインターネットで大学の授業を受けることができる通信の大学が増えてきています

Copyright © . Complete University Guide. All Rights Reserved